ネツキがわりーのかいーのブログ

あやかが北尾

AGA(紳士スタイル抜毛症)はクリニックで治療することができる・・・きっと、薄毛や抜毛症に苦しむ紳士、そして女房の多くが、こういう実態をとうに認知している。ただ、専ら「クリニック」というと、私たちの見解からすれば、とにかく近所のかかりつけのお医者君といった見解になるかと思いますが、そういうことではありません。

というのも、一般のクリニックでAGAの診査を行なうところは今未だに速く、受診科に表皮科を設置しているクリニックのうちのグループだけが、AGA診査を行うというのが現状です。しかし、現在はいわゆるクリニックとはふと空気がことなる、「クリニック」と呼ばれる病棟で、AGAの思いの外専門的な診査を望めるようになっています。

世間クリニックにしても、専門クリニックにしても、AGA診査を行っている病棟は意外と都会に集中して掛かるという傾向があります。ただ、世間クリニックの場合は、元々部門に根付いたクリニックで、あとからAGAの診査を行うようになったというケースが多いため、近郊スタイルのクリニックであっても、AGAの診査を行っている辺りも少なくありません。

ただ、専門的なクリニックのら、AGAがクリニックで診査できますよという強調が大々的になされた後に作られたクリニックも多いですから、どちらかといえば、人口密集ポイントや都会に数多く見られる形態であるといえます。

ただ、そういった風土や立地要件だけではなく、AGA診査の中味自体も、世間クリニックとクリニックとでは大幅にことなることも珍しくありません。というのも、上でも僅かふれましたが、世間クリニックとクリニックとでは、診査の専門性がとてもことなるのです。

世間クリニックで行われるAGA診査は、あくまでも「表皮科」という受診科の中に装着された診査パックということになりますが、クリニックのら、AGA診査に特化して要る食い分、世間クリニックにくらべると高度な治療を受けることができるという強みがあります。

その意味では、世間クリニックで行なうAGA診査の多くが、AGAの過程をとどめる箇所、あるいは将来の薄毛や抜毛症を予防することが目的の診査ということになります。それに対して、専門クリニックでのAGA診査は、結構異常が進行した重度の薄毛や抜毛症に対しても対応することができるということを意味します。

無論、意外と急性なAGAの診査であったとしても、クリニックで受けることができないわけではありませんが、世間クリニックとクリニックとでは、専門性の有無の違いがある食い分、その治療費もダブル程度はことなることがありますので、そのあたりも考慮しつつ、クリニック選考を頂きたいと思います。