ネツキがわりーのかいーのブログ

土井がキタエリ

家移りも本格的になると、引っ越し当日にしかできないことも多いものです。一日がかりの作業を覚悟しなければならないので、事前準備ができそうなことは終わらせておけば当日の負担が減ります。引っ越したらすぐに、水道や電気、ガスなどを使用可能にしておくことは確実に終わらせなければなりませんし、荷物の中でも、引っ越し当日まで使いそうなものは、他の荷物と一緒にならないようにし、取り出しやすくしておき、さらにしまいやすくしておきましょう。誰でもすぐ思いつくように、引っ越しに必要なものがいくつかあります。それは荷造り用品とか梱包材といわれるものです。どこでも手軽に買えるものですが、見積もりを業者に依頼した場合、見積もりから契約のどこかで契約特典扱いで、このような消耗品を必要な分だけもらえることが多いのです。契約すればただで手に入るものが、単なるお金の無駄にならないように業者に見積もりを頼む時にはどうなっているのか知っておきましょう。業者に依頼する引っ越しでは、流れとしては日程など、引っ越しの大まかな内容が決まったところで、業者から見積もりをとり、その結果を十分検討した上で、作業を依頼する正式な契約を交わします。費用を節約するため、自前の荷造りをすることになった場合、業者から必要な梱包材をもらい、準備しておきます。引っ越し当日は、作業の流れについてすべて業者に任せて大丈夫です。今から数年前に、自宅を新築してマンションから引っ越しました。自分のデスクトップパソコンを問題なく移動できるよう神経をとがらせていました。引っ越しの時は、娘は3歳、息子が1歳だったのですが、写真のデータがパソコンのドライブに全て収まっていました。業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないよう幾重にもクッション材を巻いて箱に入れました。パソコンが入っていることを知らせておいたためか、業者さんの扱いもとても丁寧で、中身に全く問題なく運ばれました。外側も傷一つありませんでした。まだ社会に出たばかりの頃に友達と二人で一時住んでいました。アパートだと、ペットを飼えないところが多く猫を飼っている友達は物件探しの際、その条件を最優先しました。不動産屋さんにも何度も問い合わせてやっと条件に合う物件を見つけました。引っ越しもすぐに済ませて二人と一匹はとても幸せでした。私たちが今の住まいに引っ越してきた当時、子供はちょうど1歳でした。1歳児とはいえ環境の変化はわかるもので勝手が違うことに戸惑っているようでした。引っ越したときに、子供のものについても片端から仕分けて捨てることになりました。何かと整理する中で母子手帳を見つけて読み返してみました。それほど昔のことではないのに、ずいぶん懐かしく感じました。賃貸物件から引っ越す際、退去時の原状回復義務はつきものですが、一方で経年劣化は避けられません。どう見ても破壊や破損だと判断できるところは修理費用が発生することが一般的ですが、経年によって避けられない変化とされれば修理費用を出す必要はないとされます。賃貸の場合、住宅を傷つけないように暮らすのが無難な道だと言って良いでしょう。先日引っ越したのは良いのですが、当日までの準備は大変でした。マンションに住んでいたし、一階ではなかったので大きい荷物は業者任せにしました。引っ越し費用を減らせるところは減らしたいので、自分でエレベーターに乗せられる荷物は何日も前から時間をとって、何回にも分けて台車に載せ転居先に運びました。台車一台で、よくも運んだものです。住民票の移動と連動する手続きの筆頭といえば、運転免許証の住所変更届です。運転免許証を写真付き身分証明書として使う場面は多く、住民票を移動したら、早めに手続きしましょう。引っ越した先の警察署を訪ね、運転免許証と一緒に新しい住民票の写し(本人だけの記載で良い。住所変更した後の健康保険証や公共料金領収書なども有効)を提出して、届に記入すればすぐ変更できます。たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りで気配りが必要なのは何といっても割れ物です。その扱いには、最後まで気を遣わなくてはなりません。安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。包むものより一回り以上大きい新聞紙で、普通は一個ずつ底から包みますが、新聞紙を丸め、くしゃくしゃにしてから伸ばして使うと衝撃を和らげてくれます。持ち手や取っ手がある器の場合は、強度を増すために、飛び出たところを先に包んだ方が良いのです。引っ越しも、単身世帯だと新居でもベッドを使うかどうか迷ってしまいます。新居がワンルームの場合は特に、ベッドがあるとそれだけで狭く感じられます。また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でも新居の入り口からベッドを入れられないなどの問題も起こるものです。そのような事情があれば、まずは布団だけで寝ることを思い切って試してみると意外と楽かもしれませんよ。来月引っ越すので準備を進めていますが、ピアノを引っ越しの荷物にするか持っていかずに処分するかで迷っています。もうピアノを弾くつもりはありません。ピアノもかわいそうかもしれません。一方、捨てるというのもそれなりの費用がかかると思いますし、本当に悩みどころです。誰かもらってくれる方がいれば譲りたいのですが、都合良くすぐに見つかるものでもありません。居住地を変えることにより、いろいろな方面に届け出ますが転居後には変更しなければならない事柄も少なくありません。例えば固定電話の番号は、転居したら変わることがありますね。NTTに住所変更の申し込みをしてこの回線を引っ越し後も使うために、どんな手続きが必要か知っておくことが大事です。固定電話の番号は、市外と市内局番、それに個別番号から成り立つもので、同一市内局番の地域内で引っ越すなら、引っ越し後も同じ電話番号を使えます。引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)も「引っ越しは、日通」のコピーがヒットしたこともあり、よく知られた存在になりました。一般家庭向けの引っ越し業者を調べたとき引越社とか引越センターの会社名しかないイメージを持っていたのではないでしょうか。運送会社の多くが最近になって一般家庭を対象にした引っ越しを扱うようになっています。日通のように、運送会社の中でも大手ならば、引っ越しサービスも一定の水準をクリアしていると言えます。引っ越しのため、自分のものを全部整理しました。まずクローゼットを空にしてみるといらないものばかりがゾロゾロ出てきて仕分けが大変でした。服なんて長いこと着ないで、しまい込んでいたのです。そんなわけで、引っ越しのために不要なものを片付けることができて、荷物も私の心もきれいに片付いて良かったです。引っ越しを専門の業者に依頼すると、その費用は同一内容の引っ越しで比べても引っ越す時期によって決まります。旅行と同じく、春、夏、冬の休み中は繁忙期となり、あちこちからの依頼が増えるため基本料金からして高くなるようです。事情が許すのであれば閑散期に引っ越すようにすると費用面では断然お得です。その差は倍近くに及ぶこともあり、決して見過ごせません。私は地方出身だったので、今まで3回引っ越ししています。進学や就職のたびに引っ越ししてきましたが、どうしても荷作りに手間取ってしまいます。そんな経験からわかったことは、単身世帯が引っ越すのなら値が張るのは覚悟して、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うと頑丈で運びやすい荷物が作れるということです。スーパーのダンボールやクラフトテープは手軽に入手できますが、運んだときに差が出ます。問題なく荷物を移動させるために必要になるので、あきらめないで入手しましょう。就職したのを機に、10年ほど前に現在住んでいるアパートに引っ越しました。初めは3年くらいのつもりで実家の近くで仕事を見つけるつもりで、実家に住民票を置いたままにしていました。しかし、意外と便利で住み心地のいい町だし、職場もいい人ばかりで、辞める気がどんどんなくなっていき、結婚の話まで出てきて、よく調べてみるとここの方が税金が安いので今から住民票を移しても遅くはないと思うようになりました。引っ越しの作業をする前に、軍手を用意しておくのを忘れないでください。たとえば、荷造りをしているときです。カッターやはさみを使った慣れない作業が続くので、ケガの危険性はかなり高いのです。また、荷物の移動を考えると、常に指詰めの危険性を考えないといけません。軍手なら何でも良いわけでなく、手と比べて大きすぎたり小さすぎたりしない、手のひら側に滑り止めがついた軍手でなくてはなりません。手が汚れないだけでなく、作業効率も安全性も高くなります。荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、搬出時にゴタゴタすることもあると聞きます。冷蔵庫の準備とは、前の日までに入っているものを出し、コンセントを抜き、一晩で下の水滴貯めパレットに水がたまるため、捨てておけば準備は完璧です。冷蔵庫の中のもの、特に生ものや氷は、使い切れるように計画を立て、購入するのも計画的にして、少しの間、冷蔵庫なしでもしのげるようにしておくべきです。いわゆる引っ越し好きの方なら別ですが、それ以外の方にとっては引っ越しは生活の中でも大事なイベントの一つかもしれませんが、だからこそ、予期せぬ出来事が起きることもあっておかしくありません。引っ越し当日は特に忙しいものですが、いろいろな仕事が集中したときに想定外の事態が生じると、予定が大きく狂ってしまい、引っ越しが上手くいかないことも考えられます。前日までの準備は万端にしておくことが必要です。生活が変わるきっかけとして引っ越しを捉えるならば、日常生活の細々したことを再度見直すことになりますが、いつの間にか引き落とされているNHK受信料をどうするかも検討しなければならないでしょう。引っ越し後はテレビのないライフスタイルを選ぶのなら、継続して受信料を払う必要もなくなるので、口座からの引き落としなら金融機関に連絡して止めてもらい、NHKとの契約を終わらせると生活費の節約につながります。単身世帯の引っ越しでは、通常の引っ越しパックを利用するよりも荷物の多くない単身世帯に向いたサービスを使っていくと比較的安く引っ越せます。専用のコンテナを使い、荷物を収めるというパックが多いので荷物が少ない人向けと決めつけられそうですが、運べる荷物は結構多いのです。それでも若干の荷物が余ってしまったら、他の宅配サービスで送れば良いのです。転勤で職場が遠くなったので、とか家族の人数が変わった、などの事情があって引っ越しを検討する世帯が多いかもしれません。この際だからと、不要なものやいらない服などを一気に処分し、身辺整理して引っ越す世帯が多いでしょう。それでも、引っ越しを機会に布団類を買い換えることは少なく、引っ越しても同じものを使うことが当たり前になっています。毎日使うものであり、自分になじむものなので引っ越しが手放す機会にならないと思われます。引っ越しは段取りが一番大事です。荷物の量に見合ったダンボールを調達して、梱包作業を順次行ってください。日々使うものは予め別にしておいて、他のものを大体の用途で分けた上で梱包するのが普通です。何が入っているかわかるように、紙に書いて貼っておくと片付ける手がかりになります。電気をはじめとし、ガス、水道、電話など、移動のための手続きも忙しくても、必ず終わらせましょう。引っ越しの前に、業者の見積もりをとると思いますが、大きな疑問を感じてしまいました。荷物の中に液晶テレビがあったので、それだけ別に個別の保険をかけないと運べないそうです。わが家には40型の液晶テレビがありましたが、購入したときの価格が30万円以上の品は、保険をかけなければならず、それを見積もりに計上するとのことでした。テレビのためだけに約1500円の保険をかけましたが、これで良かったのかもやもやは今でも消えません。今どきのマンションやアパートでは隣や上下に住んでいるのはどんな人か、知ることなく生活するのが常識になっているようです。とはいえ、顔を合わせたときに挨拶し、切羽詰まったときには気軽に助けを求められるくらいのつながりがあった方が良いでしょう。ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは転入の際には、ちょっとしたおみやげとともに両隣に挨拶をすることがポイントになります。結婚に伴って転居したときに、利用したのはヤマト運輸の単身引っ越しサービスです。ヤマト運輸に限らず、業者を利用した引っ越しというのは初めてでした。ですから最初の電話から、緊張の連続でした。それでも、スタッフはどの方も対応もしっかりしており、どの作業も丁寧だったので全く問題なく引っ越しを終えることができました。引っ越しはまたあると思いますが、その時にも同じ業者に依頼したいです。いよいよ年金生活というと、今までの生活が大きく変わることは確かです。思い切って、環境も変えてみませんか?今のお住まいがマンションであったとしても、持ち家であったとしても、これまでの生活から年金生活に入ることによって、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。これまでのお住まいが借家や賃貸住宅の場合は家賃を払い続けられるかが問題になってきます。退職金などを元手に、引っ越しを考えるのも選択肢の一つでしょう。安全で快適に暮らせる環境とは、家や部屋の中だけではありません。ご近所との関係があればこそ、住環境が成り立つのです。住環境をよりよくするため、引っ越してきたら挨拶を早く終わらせておきましょう。ちょっとした手土産を携えて訪ねることが大事です。簡単な挨拶と、ご近所に伝えなければならないことが言えれば良いので、なるべく好い印象を持たれるように心がけます。まずは第一印象です。