ネツキがわりーのかいーのブログ

江戸錦だけど友美

きっぱりと不倫関係を解消させるには、明確な浮気の証拠をつかみ、それを元に慰謝料請求するのが驚くほど効果があるそうです。たとえばちょっとしたお遊びとか、本人たちはあまり深く考えていないというパターンが多いです。慰謝料請求という現実を見せることで、不倫の罪や現実を思い知らせるのです。よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。配偶者や職場に浮気がバレた挙句、離婚されたり、高額な慰謝料を要求される場合もあるわけです。あるいは双方離婚してくっつくパターンもあります。金銭面や精神面などで、さんざん苦労しても、不倫でハッピーエンドになることは求めてもムダというものでしょう。この頃はついうっかりスマホを放置して、浮気が明るみに出たという事例が多くみられます。スマホは何でもできてしまいますが浮気もしかりで、フリーメールを含むメールやLINE履歴にパートナーの浮気の一部、ないし全てが秘匿されているというのは当然でしょう。ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、不倫の証拠はスマホの中にあるといっても良いのではないでしょうか。別に不倫の調査なんてする必要がないのではと思われるかもしれません。ただ、浮気は深入りしてからでは遅く、きっかけも多いので、仕事場はオバさんばっかりと本人が言っていたとしても、用心してかかったほうがいいのです。常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。疑わしい様子なら、不倫の調査に詳しい探偵業者に依頼すれば、早くに不安感を解消できますし、精神的にも負担が少ないと思います。婚姻関係にない不倫の関係であっても、生まれた子の認知請求はできます。認知してもらえれば子供のための養育費を請求できますし、手続きとしては最重要なものだと思います。認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、認知請求の訴えを家庭裁判所に申し立てるという手段もあります。そんなことになる前に関係を解消できなければ、今後の人生設計にかなりの不利益も覚悟しなければなりません。略奪婚は、けして幸せにはなれないと言われています。あながち嘘ではないでしょう。どう言い繕ったところで自分の幸福のために、平気で別の家庭を壊したりできるのですし、たとえ結婚できたとしても、それまでの経緯が知られたらみんな去っていくと怯えて生活していくことになります。第一、不倫した相手と入籍するに至っても、興奮や癒しを求めて不倫が再発することだってあるでしょうし、内心の重圧で堪らないのではないでしょうか。本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、その配偶者からしたら信頼も人生設計もすべてが揺らぐのが不倫です。そんな身勝手な行動を野放しにすることはできません。浮気の証拠といったら、定番なところでは携帯(スマホ)ですね。ライン、メール、フリーメールなどを駆使して不倫相手と連絡をとっている可能性があります。不倫のあきらかな証拠が掴めなかったときは、慰謝料の請求や離婚訴訟などでは苦戦を強いられるでしょう。不倫行為の存在を法廷が認めてくれないということも、起こりうるからなんですね。ぐうの音も出ないような証拠を突きつけることができれば、訴訟はあなたに有利になるでしょう。証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのを防ぐために、あらかじめきちんと調査することをおすすめします。ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。たとえ夫婦関係が円満でなかろうと、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、あからさまに現実逃避が過ぎるのではないでしょうか。本来は夫婦の問題であるのだから、そのようなことで解消するとは思えませんし、子供の親という立場なら、無責任すぎるように感じます。後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。相手の不貞行為が判明した場合は、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。ただ、気持ちが鎮まったら、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。だいたい不倫行為は、やったほうが悪いのです。メンタル的には割り切れないものがあるでしょうが、これまでの精神的な苦労への慰謝料請求はきっちり行い、相手に責任をとらせましょう。不倫調査を頼む際は、最終的に何を目的にしていて、どうしたいかをきちんと話し合っておく事が重要です。浮気をやめさせるだけにとどめておくか、あるいは離婚裁判のための証拠が欲しいのかなどをあきらかにしておかなければなりません。どこに主眼を置くかにより調査期間や手法が異なる場合が多いからです。興信所や探偵社で行う浮気調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。証拠がなければ調査料金の請求もなくて、一見するとオトクに感じますが、ターゲットの浮気の有無が曖昧(ややシロ)だったり、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、断るときもあるそうです。それに、浮気の裏付けがとれたときに高額な請求が来ることも多いみたいですから注意が必要です。世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、女性だって浮気するじゃありませんか。女性だって子供の送り迎えやスポーツジム、パート先など、人と会う機会は多く、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、人妻だからといって浮気しないわけではないのです。ドラマ等にも後押しされて女性の浮気が右肩上がりに増えていますし、配偶者の不倫で探偵社に相談する男性が増えているようです。大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、すぐに探偵業者に依頼しないで、まずは無料で相談してみると安心で良いでしょう。裏切られているかもしれないショックで気が動転しているのに、信頼できるかどうかもわからない会社に極めてプライベートな調査を依頼するのは、やはり不安でしょう。リスクや不安は少ないほど良いのですから、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。面倒くさがりの夫があんなに嫌っていたSNSに最近やたらとハマっています。携帯も隠すし、ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。もしかして元カノかと、隠すように置いてある携帯を見つけてチェックしてみたら、こともあろうにしっかりロックされていて、何も得ることができませんでした。かくなる上は探偵の出番かとも思うのですが、主婦の財布には痛い出費です。実家に話して借りるかと思いつつ、二の足を踏んでいます。僕の会社の後輩なんですが、奥さんが浮気していて、不倫相手に裁判を起こしたいみたいなんです。ただ、裁判となれば訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、写真やメールなどで不倫の裏付けをとり、浮気の慰謝料を要求した上、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと助言しておきました。相手がいるのに一線を越えてしまうのが不倫ですが、相手を替えて何度も重ねるケースもままあります。交際相手とのやりとりが見つかって、しばらく自粛状態が続くのですが、またしても我慢できなくて浮気する危険性もあります。言動から怪しさを感じ取るようなことがあれば、探偵業者の力を借りて、不倫相手との交際がはっきりわかるような証拠を握って、お灸をすえてやりましょう。クラス会やOB会では禁断の恋に陥ることも大いにありえます。かつて好きだった人と気軽に喋れたり、級友同士ということでお互いが男性(女性)であるといった意識が希薄になり、気持ちが通じやすくなるのです。クラス会や同窓会後に挙動が怪しいと感じるようなら、不倫の可能性も考えてみてもいいかもしれません。既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、配偶者から「子供がほしい」と言われたからというのが少なくありません。そこから相手に後ろめたさを感じるようになったり、浮気相手との不毛な駆け引きにうんざりする気持ちが出てきたりします。それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、以前からの罪悪感もあって、別れを切り出すきっかけになるのです。携帯電話をチェックしなくても、不倫をしているかは想像がつくものです。例えば、真正面からスパッと訊いてみましょう。大抵の人間はウソをつくとき、快活であったり不機嫌であったり、強い感情を質問者にアピールしてきます。ちょっと質問しただけなのに、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。やましいと感じていると、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。目を合わせないのにチラ見するなどの様子を見れば嘘はすぐ判別がつきます。配偶者が浮気する理由として多いのは、配偶者との生活のマンネリ化が耐えられないといった、利己的でなければ言えないようなものです。異性として恋愛対象になるという気持ちの高まりが不倫という一線を超えさせてしまうわけです。そんなことにならないよう、忙しくても時間を設けて、双方が何を我慢して何を求めているのか、問題点を語り合うことも大事なのではないでしょうか。不倫していたことが問題になって離婚話がうまく進まず、とうとう家裁での離婚調停となるケースもあります。とはいえ、調停の場では調停委員という人たちがついて離婚のための意見調整を行うため、夫婦やその関係者だけで話し合うより比較的円満に話し合いが進められる点で体力的にも精神的にも助かります。気軽に考えていくのがいいでしょう。浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、探偵会社によって幅があります。最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、あらかじめ複数の業者で調査費用の見積りを出してもらうのをおすすめします。また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報をデータとして用意するか、メモなどで整理しておくと、調査時間の短縮になる上、調査費用として払うお金も少なくて済みます。浮気の定義は、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。自分以外の異性に優しくしたとか、二人だけで出かけたら浮気と言う人も、いないわけではないです。不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと不貞行為になるものの、どちらにせよ、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりはするべきではないです。夫の浮気って、妻なら日常に気をつけることで防げると思うんです。たとえば、大切な人のことを無闇に否定したりしないことです。要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。一家の主である彼を第一に考え、外見にも気を遣い、女としてみて貰えるよう行動にも気をつけると、夫婦円満で不倫もないように思います。だいたい察しがつくかもしれませんが、不倫関係を解消した理由として圧倒的多数を占めるのは、浮気の事実が露見したから、ですね。だから証拠さえ見つければOKかというと、自分でやるのはそう簡単なことではありません。結局のところ、その道のプロである探偵に不審点の洗い出しや不倫の裏付けをとってもらうほうが失敗もなく、気苦労も少なくてすむでしょう。そのかわり、浮気の匂いを察知するあたりまでは、どうしても本人次第になります。意外かもしれませんが、不倫の賠償請求(慰謝料)には期限というものがあります。誰と不倫していたかがわかってから3年以内か、もしくは不倫の事実から20年が期限となっています。もし時効まで時間がないときには裁判を起こすことで、時効はなくなります。時効が迫っているなら、裁判を起こすのも考えに入れましょう。パートナーの挙動がおかしく、不倫が疑われるときは、その裏付けをとる必要があります。浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、不倫相手とホテルから出てきたところなど、他者から見てもクロだと判断できる写真でしょう。不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、離婚裁判で採用されるような証拠を手に入れるなんて行為は、相手に発覚するおそれもありますから、その道のプロである探偵を利用することも考える価値があるのではないでしょうか。最新技術の普及により、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使って発見できるようになったのは有難いことです。GPS機能つきのスマホを使用させることにより、かなりの精度で今いる位置を知ることができます。非合法な方法ではありませんし、相手の不倫を自力で見つけたいときはGPSを使えば便利だと思います。勤務先で不倫カップルの存在が判明したとしても、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、安易にクビにすることができないようです。ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といったところに抵触すれば解雇もないわけではありません。まあ現実では訓戒程度で、厳しいお咎めはなしで済んでしまうことのほうが多いでしょう。