ネツキがわりーのかいーのブログ

樹(いつき)とあや

借金で思わぬ事態に陥らないために、注意してほしい事があります。それは、返済に関する見通しをこれでもかと思うほど辛く見積もることです。借金返済の道には魔物が潜んでいて、返し始めには相手への感謝の気持ちが勝っているため、借金の影響で無駄遣いもしないので、少し背伸び気味の返済額であっても簡単に返せることで過信が生まれます。あんまり悲観的になる必要はありませんが、何の問題もなく返せるはずなどないのです。返済も後半になってくると、当初のありがたみは薄れ、お金を搾取されているかのような気持ちにさえなってくるのです。債務不履行になることだけは避けたいですから、金額設定ではそのことを踏まえた金額におさえ、更にもう一声下げた金額にするといいです。このようにどんなことが起こっても対応可能な金額での返済なら、中途で挫折することはないでしょう。もし前歴があって融資が受けられない人でも、よく探せば、お金を貸してくれる会社はあるようです。ただ、一般的に名前の知れた銀行や大手消費者金融では、審査の段階で断られてしまうので、中?小レベルの金融業者に融資の申込をします。別に悪いとは言いませんが、名前があまり表に出ることのない消費者金融会社の場合、ブラック企業的な行動が見られることが多いようですね。もし優良店ならクチコミで大人気になっているでしょう。お金を借りる必要があって、初めてなのでどこが良いか探していたら、一括審査というのを知りました。保険の一括見積もりと同様の仕組みです。いままでカードローンには漠然としたイメージしかなかったので、カード会社の審査で落とされたら、すぐ別の会社を探すのだろうけど、そこが大丈夫という保証はないし。大変だと思い、期日も迫っていたので時間的な不安を感じていました。利用者にとっても時短や手間解消のメリットはありますが、ローン会社にしてもそこに登録している以上、ある程度の客数を集めるつもりでしょうから、審査面で少し緩いのではないかと思います。借金そのものが悪いわけではないのですが、あまり人に知られたくはないですよね。ことにキャッシングやカードローンといった類のものは職場にも家族にも分からないようにしたいと希望する方が多いようです。借金が知られてしまうのは、自宅への書類送付があるからです。これを回避するには、Web完結サービスというのがあるのをご存知でしょうか。これは自宅への郵送をゼロにしてくれるので、最適の方法だと思います。これまで窓口や郵送に頼っていた手続きがすべてネット(スマホ可)ででき、カード郵送ナシ、月々の明細書送付ナシ。おまけに時間も手間も必要ないのです。融資されたお金は自分の口座に振り込まれるので、お財布の中に金融業者のカードを入れておく必要もないのです。収入のないニートがお金を必要とすることは生きている以上当然のことですが、借金に関しては、親のことを考えて思いとどまるよう説得しに来る人もいるかもしれません。そもそも貸してくれる相手がいればですが、どんな会社の融資担当でも収入のない人にお金を貸すほど甘いはずがありません。そんな苦境の中でも、身近な人のうちの誰か一人ぐらいは奇特な人がいて、その人からお金を貸してもいいと言ってくれる人がいるかもしれないのです。たとえどんな理由からであっても別に他人に迷惑をかけなければ何も言う事はないに決まっています。肉親の情ほど濃い担保はないのです。毎月それなりの収入がある人でも、高額な出費があればキャッシングやカードローンを利用することもあると思います。そんなとき、知識がない、初めてだと自覚しているのにも関わらず、自称金融業の個人(高い確率で闇金)とか、全然聞いたこともないような会社からお金を借りると、途方もない借金や違法な要求をされるおそれもあります。借りる前に、相手の会社が信頼できるのかCMで認知度が高い企業や銀行などの中から借りればトラブルも防げます。お恥ずかしい話ですが、ご祝儀やお香典などの冠婚葬祭費がかさみ、家賃や電話代などの月末の支払いができなくなってしまいました。誰でも、ここさえ乗り切れば後々楽になるという大切な局面があるでしょう。困った時の頼もしい助っ人となってくれそうなのは、信販会社で出しているクレジットカードなら、いいかもしれませんし、ATMのように気軽に利用できる消費者金融の貸付機などがあって助かりますね。係員がいないので変に気を遣わずに済み、時間も5分から10分ほどでと言うような会社もあり、早さを第一と考えるのであればそういうところを選ぶと良いでしょう。もしもの場合を考えて、間違いのない方法を考えておけば、借金を恐れず安心して日々の生活を送れるというものです。収入証明なしにお金を借りることはできますが、ぜんぜん審査を受けずに借りるのはまず無理です。担保の有無に関わらず、きちんとした業者なら審査はあるはずで、審査がない(信用がない)のにお金を貸してくれるようなところは、違法行為を行なっていたり、相当な高利である危険性が高いです。審査が不安であれば、「ゆるい」ところを利用するのもありだと思います。新興の楽天カードローンは比較的通りやすく、断られた経験があって落ち込んでいる人でも、トライしてみる価値はあるのではないでしょうか。大学の書籍代ってすごく高額ですよね。うちは学費を払うのでギリギリでしたし、週末だけのバイトではお金が足りず、カードローンやキャッシングで工面しようと考えつきました。でも、学生なので親に連絡がいくような気もしたし、キャッシング経験のある友人に聞いたらクレカの家族カードだと言われ、それでは自分には無理だと思い、最終的には親に出してもらいました。「利用は計画的に」なんて言いますけど、学生で定収入もないのに計画もなにもないですよね。いまさらですが、もし利用していたら、あとで自分で返せたのかと疑問に思います。当時は本当に何もわからなかったんですね。ストレスがたまって買い物に歯止めが利かなくなり、気がつけばクレジットカードでとんでもない額を使ってしまっていました。支払日になっても、とても用意できる金額ではなかったので、カードのキャッシング機能を使いお金を用意したので、買い物分の完済もできていないのにキャッシングのお金の返済まで加わり、生活が成り立たなくなってしまったのです。そのまま勤め続けていてもお金の問題は解決しないので一旦会社を辞め、退職金で返すしかないと覚悟を決めたのですが、悩み苦しんでいた私を見るに見かねて、両親が相談に乗ってくれ、命拾いをしました。元本だけでも相当な額になっていましたが、利息を加えると500万円を超えてしまい、本当に驚きましたが、大切な老後の貯えの一部を都合してもらい、いくら親子とはいえ感謝してもし切れませんが、けじめとして、借用書を渡し、返済計画もその都度伝えながら、生き方を改めることで人並みの暮らしを続けることが出来るようになりました。両親を失望させることの無いよう、気を引き締めて生活していきます。いまどきのキャッシングはものすごく利便性が向上しています。とくに昔と変わったなと思うのは、ネットのみでサックリと申込・審査・融資の一連の手続きが終わることだと思います。利用状況や会社によって条件が異なるようですが、だいたい50万までの少額融資だったら免許証のみで本当にネットだけで契約完了します。郵送手続きがないのでスピーディですし、銀行に入金してもらえば普段利用しているATMでお金を引き出す(借りる)ことができます。その昔、お金というものが世の中に登場してからというもの、その貸し借りには、様々な約束事が存在しており、いずれの場合でもそれなりに返せる見込みがあり、もしもの場合、肩代わりしてくれる人まで付けるのが当然で、その人の収入に関する保証がいらないなんて事は、貸し倒れの心配はいらないのでしょうか、借りるほうが心配になってしまうほどです。近年の常識として、それほど多額の借り入れでなければ、一切の収入証明関係書類の提出不要と言われることが、常識となってきています。保証人もなしの小額融資とはいえ、上限は数百万円と常識的に考えれば、とてもそうは言えないような金額のようです。以上のようなわけで、大抵の借り入れが、誰でも担保や、保証人はもとより、収入証明も一切要らずに出来るようになった、ということなのです。お金が必要な事態に陥り、どうしても借りなければならない時、救いの神になってくれる可能性大です。お金を借りるのには昔は時間がかかったものです。それが今では即日というのがごく当たりまえの時代になりました。CMで名の通ったカードローンの会社では最短60分!なんて言うのも普通です。数年前まではもう少し遅かったのですが、まさかこんなに早くなるとは予想しませんでした。これが当たり前になってくると、以前のように時間がかかっていたほうが「なんで?」という気もします。市場そのものが狭くなり、利便性による集客を目指しているとか、審査・融資のスピード化の裏にはわけがあると思います。ネット銀行が一般化したこともあるでしょう。いずれにせよ申し込む側としては大いに喜ばしいことです。今、カードローンを二つの消費者金融で組んでいます。一社は十万円、もう一社が二十万円で組んでいて、今は合わせて二万円を返済費用としています。ところが、どちらの業者も最大利子での貸付でしたから、返済を続けても、なかなか利子を含めた返済額を完済することが出来ません。知人からアドバイスをもらい、他の金融業者で借り換えようとしたのですが、どの消費者金融でも審査で弾かれてしまい、諦めてしまいました。金額的にはそこまで大きな額ではありません。ですが、よく分からないままカードローンを利用した為に、とても苦しんでいます。カードローンは即日融資が当たり前の時代ですよね。例えばネットで申し込みをしたとしますよね。するともう数時間後にはもう振り込まれているんです。つまり、カード発行を後から行うシステムなのですが、実際にカードが届いた後もネットに限って利用するという使い方も出来ますから、つまるところ、カードレスローンとほぼ同義だと言えますね。ネットが普及したせいかどうか知りませんが、近年のカードローンはコンビニにある銀行ATMで簡単に出し入れでき、便利になりました。普段、お給料を下ろすのにつかっているATMで借りれるので、周囲にバレる心配もなく、大助かりです。でも、自分の銀行口座と同じ感覚なので、当初に予定していたより借入額が増えてしまいがちなのが困りものです。でも、本人がコントロールすべき問題であって、カードローン自体には責任はないと思います。最近のカードローンの契約(申込)は日進月歩で簡単かつ迅速になってきているように感じます。いまなら借入に関わる一連の流れをPCやスマホアプリを使って出来るweb完結というものも現れて、早ければ数分で口座に入金というのが普通になってきています。提出書類は金額でも変わってくるかもしれませんが、写メで送る、ファイルをアップロードする、メール添付などで送信します。スマホなら専用アプリだけで済むのも魅力です。毎度のことですが、キャッシングの審査を受けるとその度に勤め先に在籍確認の電話がありますが、面倒くさいと思う方が多いと思います。とはいえ、顔も見た事無い他人のために、快く融資に応じてくれるなんて、常識的に考えれば、まずありえないことが分かると思います。仮にお金を無条件で貸してくれるとなれば、それはとても普通であるとは言えません。ですから、カードローンも同様に絶対に審査は必要なものですから、避けて通ることは出来ません。例えばアルバイトといった非正規雇用者の場合でも、カードローンは借りられるのでしょうか。実際は審査において何の支障もありません。もちろん、返済の必要がありますから、審査基準に一定の収入が求められるのは間違いありませんが、それは一概に正規雇用者である必要はないのです。そのため、アルバイトとかパートの人の場合も安定して毎月の収入がある場合には、審査をパスできる見込みはあると言えるでしょう。これまで私自身が利用したものに限った話ですが、一番安心してカードローンを組めたのはどこだろうかと考えてみますと、三井住友カードローンが一番良かったと思いました。大手銀行系のカードローンですから安心感がありますし、気軽に利用できるのも良いですね。もちろん、条件次第では希望金額を減らさなければならなくなった、ということがあるそうなのですが、私はこれまで審査で落ちた事はないです。お金を借りた経験がない人というのは、あまりいないのではないでしょうか。不動産や自動車などの購入で銀行融資を受けることや、クレジットカードを使った買い物の後払いも借金です。そして、借入金を返すときには利息分をつけて返すことになります。分割回数が多いとそれだけ利息総額が大きくなるので、節約のためには期間短縮がカギとなります。相変わらず銀行預金の低金利は続いていますから、貯金をするくらいなら繰上げで一括返済したほうがずっと節約になります。クレジットカードと同様、キャッシングも明細書が送られてくることは避けられませんでした。やましくなくても家族に口出しされたくないことってありますよね。最近の電話料金のように請求領収書もペーパーレスになればいいのにと思い、調べていたところ、ペーパーレス(利用明細送付なし)の金融機関がけっこう存在することを知りました。利率は大差なかったので、レイクの30日間無利息と5万円まで180日間無利息とを比べた結果、後者にしておきました。レイクは有人店舗がないと言われたので、契約には無人の自動契約機を使い、そこに設置された電話で色々疑問点を質問してみました。明細書もネット上で確認するので家に郵送されてくることはありません。もし何か郵送することがあるとしても、「レイクだと分からないように配慮された封筒」だそうです。嬉しい配慮ですね。仲のいい友人や親族の結婚で日本を縦断しての帰省が必要になり、そこそこのお金が必要になったりした場合、身内や友人には頼めないし、他にお金を都合するには、信販会社や消費者金融などのカードキャッシングならば、すぐに需要に応えてくれるでしょう。大抵の場合、インターネットで登録が出来ますので、思い立った時にお金を貸してくれるところが見つかるでしょう。もちろん、誰にでもと言うわけではありません。それなりの審査を通過する必要があり、通らなかった人にはお金を貸してくれることはありません。色々な銀行やカード会社での借金が重なっているような人や、あちこち借りすぎて借金の概要が把握し切れず、返済できない負債が多数発生しているような場合など人間として基本の借りたものは返すということすら出来ない人は会社、個人に関わらず誰がお金を貸してくれるでしょう。生活態度を改め、今ある借金を少しでも無くす努力をするしかありません。カードローンで「借り換え」があることを知らない人は多いようです。一回の返済額が大きすぎて返済が苦しいときや、期日に間に合わないときに新たにローンを組み、そこで借りたお金で全額一括返済するというもので、ちょっとしたタイムラグではありますが返済日を伸ばしたり、月々の返済額を変えたりもできます。延滞を回避することができるのは有難いですが、借り換えローンでは利率が高くなったり、返済期間が長くなるため総返済額が増えるなどのデメリットも覚悟しなければなりません。「いま」をとるか「これから」をとるかで、今後の返済計画は大幅に変わってくるはずですから、借り換えをするなら充分に考えてからにしないと、あとで後悔することもあるでしょう。お金が入ってくる予定はあるのだけど、「いま足りない」というときに、ほんの短期間のキャッシングならもっと気軽に使っても良いような気がします。短期間なら金利ゼロという会社もありますし、そうでなくても一括で返済するのなら、金利何%とかにこだわる必要もないでしょう。ただ、ある程度まとまった金額なら分割で返すほうが現実的でラクですから、低い金利のところを選ぶことが大事になってくるでしょう。急いで借りたいときでも自分が借りるローンの金利はきちんとチェックしておいたほうが良いと思います。個人的な意見ですが、よく世間で言う借金に対する負のイメージ(遊興・自堕落・生活苦)などには賛同しかねます。借金そのものの存在を隠蔽することにつながる気がするからです。たとえば自身が世帯主である女性や主婦の方が、きちんと遣り繰りした上で、正当な理由があって借りるのですから、不健全なものだとは思えません。無責任に借りろ、貸せとは言いませんが、借金苦と借金は別物だと周囲も認知すべきです。また、明るい気持ちで利用できるよう、金融業者でもサービスやイメージアップに配慮することが大事だと思います。それは、今後はこのような人たちが社会のボリュームゾーンになると思うからです。カードローンの返済については、業者によって少し違いがあります。まずはじめに、銀行系の業者でカードローンを組んでいる場合は多くの場合、口座引き落としになっていると思います。ところが、消費者金融あるいは信販会社では、それだけでなく、振込みや現金自動預払機(ATM)で返済することが出来ます。業者によって返済方法は異なりますが、いずれにしろ、極力手数料のかからない方法を選んで返済しましょう。それが無駄の少ない返済方法です。最近は時代が変わったなと思います。キャッシングといってもスマホでポチッと申し込むと即日で銀行に振り込まれ、本当に手軽にお金が借りられるようになりました。このようなシステムをスマートに使うには、借り手次第ですから、きちんと計画を立てて、そのとおりに返済していかないと、便利さばかりが先行する危険なツールということになってしまいます。銀行や金融会社の窓口であれば会話をしていくうちに冷静になって、比較的理想の選択に近づくような気がしますが、PCやスマホの前で一人で、というのも落ち着くかもしれませんが、対面ほど良い判断ができるかはわからないですよね。いろいろ迷うのであれば、対面での契約は利点があるかもしれません。比較的高額の現金を用意する場合、キャッシングよりも分割返済の使えるカードローンが便利ですが、カード申し込みの時点でそれぞれに見合った金額設定がされていて、それぞれの収入に応じて、その3分の1を限度とした貸し付け額を守る、法律で、上がり過ぎた借り入れの限度額を抑制するためです。このことは、カードごとに規制されるというものではなく、会社は色々あると思いますが、いくつ持っていたとしても利用可能額をを合計してその総額が対象になるので、考え落としの無いよう気をつけましょう。例えば、他の数枚のカードで合計50万円借りていて、一度も返済していない場合、年収といっても会社員のように一目瞭然の人ばかりとは限らないので、判る範囲で考えることになりますが、その3分の1引く借入額の公式さえ頭に入っていれば、いつでも計算できるので安心ですね。自営業者などでは、この総量規制で資金繰りの苦労が増していますが、大きく借り越す心配はないので堅実にやっていく分には良い法律と言っていいかもしれません。一般的に、カードローンの審査基準については、近年では利用が可能かを確認するための判断基準として、大体のことは公開されていますね。ここでの基準はとても厳しい基準ではあるのですが、その一方で、担当者の意志によって判断が左右する場合があるそうです。人の数だけ事情はそれぞれ違うわけですから、そんな個人の状況をバッサリと線引きすることはやはり難しいようです。